まだなにも決まっていない blog

まえだ治療院(兵庫県加古川市の整体院)

力動精神医学の歴史最終回⑧「日本に導入された力動精神医学」

みなさん、こんにちは、私です。

 

maedaaaclinic.hatenablog.com

 

の続きになります。

 

力動精神医学の歴史、今回が最終回になります。

 

日本の力動精神医学

日本への力動精神医学は戦前に2つの流れとして導入されました。

 

一つは心理学・教育系の大槻快尊(1880-1936)、上野陽一(1883-1957)らが、

f:id:maedaaaclinic:20210630162446p:plain

f:id:maedaaaclinic:20210630162456j:plain


1912~1915年に「心理研究」誌に

フロイトアドラーユングの学説を紹介した流れである。

 

クラーク大学に留学した久保良英(1883-1942)は

1917年「精神分析法」を出版し、

小熊寅之助(1888-1978)はユング心理学を紹介し、

1927年日本初の心理相談を開始した。

f:id:maedaaaclinic:20210614164327p:plain

二つ目は精神科医の流れで、

丸井清泰(1886-1953)は1916~1919年までマイヤーの指導を受け、

本邦初の精神分析学の講義を東北大学で開始した。

maedaaaclinic.hatenablog.com

 

丸井の門下、古沢平作(1897-1968)は

ウィーン精神分析研究所に留学し、

教育分析や※1スーパービジョンを通して

多くの力動精神医学・心身医学の指導者を育てた。

 

古沢は※2阿闍世コンプレックス理論の提唱者としても知られている。

 

※1カウンセリングにおいて、診断・面接の能力を高めるために、

カウンセリングの初心者(スーパーバイジー)が担当したケースについて

カウンセリングの専門家または指導者(スーパーバイザー)に

意見または指導をお願いすることを言います。

 

スーパーバイジーは自分が担当したケースをスーパーバイザーに報告し、

面接過程についての意見を求め、今後の面接・指導・治療に活用します。


スーパービジョンの形態として、スーパーバイジーとスーパーバイザーが1対1で

スーパービジョンを進める方法や、スーパーバイザーが一人で、

スーパーバイジーが数人いる集団スーパービジョンの形態があります。

 

※2阿闍世(あじゃせ)コンプレックス

母親は子供の出生に対して恐怖を持ち、子供はそれに対する怨みを持つとされ、

日本ではエディプスコンプレックスと対比されることがある。

フロイトのエディプスコンプレックスは父親と子供の間の葛藤を中心とし

父性重視の傾向をもつが、阿闍世コンプレックスは母性重視の傾向を持つ。

 

さいごに

力動精神医学の歴史ならびに精神医学の歴史シリーズ

お付き合いいただきありがとうございます。

maedaaaclinic.hatenablog.com

maedaaaclinic.hatenablog.com

maedaaaclinic.hatenablog.com

maedaaaclinic.hatenablog.com

 これで精神医学の歴史は最後となります。

 

お付き合いいただきまして、ありがとうございました。