まだなにも決まっていない blog

まえだ治療院(兵庫県加古川市の整体院)

人の行動とアフォーダンス理論

みなさん、こんにちは、私です。

人は物事を考えてから行動に移しているとは限りません。

 

アフォーダンスとは、

アメリカの知覚心理学ジェームズ・ギブソンが、

1960年代に提唱した理論で、アフォード afford(与える・提供する)を使った

造語になります。

 

アフォーダンス理論やアフォードと言う言葉は、

今ではさまざまな場面で用いられており、

本来ジェームズ・ギブソンが提唱した考えからは、

遠からずも少し変わった解釈で伝わっていたりもします。

 

アフォーダンスはすごく簡単に説明すると、

“自分がそれをしようとは思っていなかったのに、

周りの環境に誘われるように、つい行ってしまう“

ということです。

 

環境により(空間・道具・物などを含む)、

人の行動が引き出されている現象を指します。

 

人は脳で考えてから行動するものだと考えられていましたが、

アフォーダンス理論では、

人の行動は環境によっても引き出されると指摘しました。

 

みなさんも、ふいに「そそられる」時ってないですか?

 

今の今まで、頭で考えもしていなかったのに、

椅子があったら座るとか?

f:id:maedaaaclinic:20210604120956j:plain

「椅子に座りたい、椅子どこだよー」って

なってなくても、

 

空間に椅子があり、自由に座れるとなれば、

とりあえず座るみたいな経験ないでしょうか?

 

それは環境にアフォードされています。

 

遊園地なんてどうでしょうか?

「遊園地に行く」「ジェットコースターに乗る」は決めて

入場するとは思いますが、

f:id:maedaaaclinic:20210604120140j:plain

そのあとのプランまでは、綿密には考えていなかったりしませんか?

 

全くのノープランでも、「一日遊べた!」となるのは、

遊園地と言う環境が、強く遊ぶことを導きアフォードしているからです。

 

すこし話は変わりますが、

山に登る理由を聞かれた登山家が言う

「そこに山があるから」も

f:id:maedaaaclinic:20210604115935j:plain山がある環境があり、山に登りたいと行動する人がおり、

その人が登山家になることをアフォードしています。

 

これは、

“人の行動を変えたいのであれば、周りの環境を変えるといい。”

と言うことにもなります。

 

日常で想像してみてください

すっごく広いコンサートホールや劇場など、

映画館でも部屋の空間でもいいです。

f:id:maedaaaclinic:20210604120005j:plain

集団がそこに集まるとした時、

勝手に自分が体を向ける方向、つまりは

この空間における「正面」って考えたことがありますか?

 

でも、

自分も含めて全員が同じ向きを向いているはずです。

 

それは、舞台が、画面が、センターマイクの位置が、

椅子の並びが、自然にこっちが正面だとアフォードしているからです。

 

ここまで揃った環境で

 「これ?どっち向いたらいいですかね?」

とはならないはずです。

 

物や道具ではどうでしょうか?

例えばコップ

f:id:maedaaaclinic:20210604115310j:plain

持ち手があれば、そこをつかんで持ちますよね?

無ければないような手の持ち方で、

ワイングラスなら足の方を持ったりと、

 コップでも形状が変われば自然とそのようにしていませんか?

 

いかに環境が、自然に人の行動に影響を与えているか?

がこれでよくおわかり頂けると思います。

 

ですので、人を望ましい行動に導きたいのであれば、

人にこんこんと話すより、環境を整えれば「人も変わる」と言うことです。

 

子どもの行動とアフォード

アフォードは最近では世の中の物のデザインでよく使われます。

 

例えばドアノブ

さまざまなドアノブの形が存在すると思います。

f:id:maedaaaclinic:20210604115300j:plain

 ただ私たちはそのドアノブの形状に合わせて、

扉をあけているかと思います。

 

これは上記でも書いたアフォードです。

 

ドアノブをどのように持ち、どのくらいの力でや

引くのか、押すのか、

そんなことわざわざ考えていなくても扉をあけることができる。

 

これはドアノブの形・デザインにアフォードされているからです。

 

このアフォードは子供の行動でもよく見られ、

f:id:maedaaaclinic:20210604115914j:plain

公園のような広い場所にいけば、急に走り出す。

道にある縁石をわざわざ綱渡りにようにして歩く、

側溝のフタの場所をわざわざ踏んで歩くなど、

 

大人であればそうしないことも、

子供の時であればした経験はないでしょうか?

 

これもまた環境にアフォードされていることになります。

 

このアフォードは人間の行動に影響を与えるものですので、

子供、大人関係なく日常的にアフォードされていることになります。

f:id:maedaaaclinic:20210604115925j:plain

グーグルが行ったアフォード

お会計の際、レジ横や近くの商品もついでに

買ってしまったことはないでしょうか?

 

買う気など全くなかったのに、

目についてついでにカゴの中に入れてしまった 

f:id:maedaaaclinic:20210604120702j:plain

これもお店側にまんまとアフォードされています。

 

グーグルが実際に行ったものアフォードに、

「健康促進のため、社食ではサラダを食べて欲しい」

というものです。

f:id:maedaaaclinic:20210604115947j:plain

これは言葉でいうだけでは、

サラダを食べる人はそこまで出てきませんでしたが、

 

社食の一番見える場所、そして手にとりやすい場所にサラダを設置すると、

ついでに手にとっていく人が増え、

加えてお菓子コーナーを一番遠くに設置すると、毎日手にとっていた人も

わざわざお菓子をとりにいくことが減りました。

 

環境というのは言葉よりも影響力があります。

 

他人を変えることは難しい

 他人というのはコントロール不能だと言います。 

f:id:maedaaaclinic:20210604115955j:plain

他人を変えることは難しい。

 

例えば「何度注意しても改善しようとしない人」

 

こちらはその人に改善してほしいから

こんこんと毎回注意をする。

 

それでも全くといっていいほど改善されない

 

世の中には人から言われても改善しようとしない人は

 

集団・組織が100人いればおよそ8人、

 

理由はさまざまですが8%は存在しています。

f:id:maedaaaclinic:20210604120318j:plain

結構な割合ですよね?

 

そんな人を相手にとなれば

その人を変えることは本当に難しいことです。

 

会社で管理職の方などは

毎日「ん~どうしようかぁ‥。」と

 

頭を抱えてストレスをためているかもしれません。

 

そのような場合は、

人を変えようなんて思わないでください。

f:id:maedaaaclinic:20210604120443j:plain

無駄な努力として終わってしまいます。

 

このような場合でもアフォードです。

周囲の環境を変えることは可能です。

 

注意しないでもいいような仕事を割り当てるなど、

 

今の状態であるからこちらも注意しないといけないわけで、

 

環境を変えてしまえば、すぐに解決されたりするものです。

maedaaaclinic.hatenablog.com

maedaaaclinic.hatenablog.com

maedaaaclinic.hatenablog.com

 

終わり

 

ではまた✋