まだなにも決まっていない blog

まえだ治療院(兵庫県加古川市の整体院)

子どものクセ・チック・吃音・緘黙

みなさん、こんにちは、私です。

 

子どもの気になるクセ

動き・言葉のチック

話しがつまってしまう吃音症

だんまりしてしまう選択性緘黙

をご紹介出来たらと思います。

 

「子どもの気になるクセ」

 

f:id:maedaaaclinic:20210516103505j:plain

子どもの時にはひとつくらい誰でもクセがあるものです。

大人になるにつれてクセというのは自然になくなっていくことが大半です。

 

クセは医学的には常同性運動障害とよばれ、同じことを反復して繰り返す(常同的)

役に立たない行動のことです。

 

クセにはさまざまなものがあります。

体ゆすり、頭ゆすり、抜毛、毛をねじる、指はじき、手をたたくなどがありますし、

気をつけておかないといけないクセもあります。

 

頭突きや顔たたき、目付き、手・舌かみなど自分を傷つけかねないものは注意が必要です。

 

頭突きなどはベビーベッド内(限られたスペース)で長らく放置されていると出やすいと言われています。

 

ただベビーベッド(限られたスペース)に関係なく乳幼児期を過ぎてもある場合は

一度専門機関に相談した方がいいです。

 

そして一番多いクセに爪かみ、指しゃぶり、鼻ほじりがあります。

 

指しゃぶりは1歳頃に現われ、鼻ほじりなども2歳頃には現われます。

多くは3~4歳頃に減少していく5~6歳でさらに減少していくものです。

 

また保育園・幼稚園・小学校など集団に属していくと

自然となくなることも多いですので特に治療対象になることも少ないです。

 

ここで気をつけておかないといけないのが「爪かみ」です。

 

爪をかむこと自体がかなり不潔で感染症の原因にもなりますし、

大人になっても治っていないクセでも爪かみは多いです。

 

爪かみは神経質や緊張を覚えやすい、自身の攻撃性を抑えるために

爪をかむことで緩和している緊張の運動性解放であると言われています。

 

緊張の運動性解放は緊張したときに手に人と書いて飲み込むみたいなことや、

違うことで紛らわそうとすることです。

 

緊張しても爪をかんでしまう場面をなくすこともそうですが、

爪かみを禁止するのではなくいつも爪をきれいに切っておくことも有効です。

ない爪はかめませんので、

 

繰り返される動きと音声「チック」

f:id:maedaaaclinic:20210515152036j:plain



チックとは限られた筋肉群でおこる不随意的、突発的、急速、反復的、非律動的、常同的、情動的な動きあるいは言葉の発声で、突然はじまり特に明確な目的のないものです。

 

チックは不可抗力なものとして表れますが、自分の意志で抑えることも可能です。

 

ただチックを抑制すると強い不快感や不安がおきストレスに感じるものです。

 

チックの症状は睡眠中にはほとんどいっていいほど見られなくなります。

 

子どもの時から見られるものですが、大人でもチックはあり大人で多いのは「咳払い」です。

 

なんとなく気まずい空気や痰がらみがないような時でもしてしまう人いらっしゃるのではないでしょうか?

 

チックは動きであれば運動性チック

音声であれば音声性チックにわかれ

またそれぞれも単純型か複雑型かにわかれます。

 

「単純型運動性チック」

まばたき、首を急速に振る、肩をすくめる、顔をしかめるなど

 

「単純型音声性チック」

咳払い、鼻をすする、吠える音、うっうっという声、しゅーという音をだすなど

 

「複雑型運動性チック」

自分をたたく、びくっとする、飛んだり跳ねたり、しゃがむなど

 

「複雑型音声性チック」

 状況に合わない特別な単語を繰り返す。社会的に受け入れられない単語を話してしまう

(しばしば卑猥な猥褻なもの:汚言症)

自分のいったこと他人のいったことを繰り返してしまう(反復言語・同語反復・パララリア)など

 

チックは一過性、慢性、トゥレット症候群に分かれます。

 

「一過性チック」

 4~5歳でみられ、12ヶ月以上は続かないもの、まばたき、しかめ顔、頭をふるなどの形が多い

 

 「慢性の運動性/音声性チック」

 一年以上続くもので、ストレスを感じやすい神経質で過敏な子どもに多く、家庭、学校、友達との関係でおこったストレスでチックの症状が現われる。

 

 「トゥレット症候群」

 音声性チックと多発運動性のチックが合併したものです。音声性チックは汚言症になりやすい

 

【補足】重症のチック障害「トゥレット症候群」

トゥレット症候群(ジル・ド・ラ・トゥレット症候群)

は音声と多発性運動性の合併したチック障害になります。

 

小児期あるいは青年期に発症し一年以上近く続く重症のチックで、

青年期に悪化し成人期まで持続することが多いです。

 

複数の種類の運動性チックと、1つかそれ以上の音声性チックが起こるが、

同時に起こるとは限りません。

 

音声性チックは爆発的に繰り返す音声、うがいをするような音、汚言(猥褻な言葉)などが特徴である。

ときにはこれに伴って反響動作もみられるが、これも猥褻なものであることがある。

 

トゥレット症候群は原因不明であるが50%でAD/HD、

40%で強迫性障害との合併が見られる。

 

本人にも苦痛に感じられるチックの症状であるため、治療には薬物療法が用いられ、

抗精神病薬のリスペリドン、ハロペリドール、ピモジドが有効である。

 

「吃音症(きつおんしょう)」

 

f:id:maedaaaclinic:20210515230903j:plain

吃音症は話すときに

「あ、あ、あ、あ、あんぱんまん」語音・単語の一部繰り返し

「あーんぱーんまーん」語音の引き延ばし

「あんっっぱんっまん」語音のつまりが見られるものです。

 

1~3歳頃に一過性の吃音や2~5歳頃の単語の繰り返しや言いよどみというのは

正常の範囲内でも起こります。

 

これは子どもが興奮したり緊張したりしている時に、自分の考えに対して言葉がついてこなくなる生理的現象でもあります。

 

ここで注意が必要なのは吃音を無理に訂正しようとすると

吃音が固定化される恐れがあることです。

 

 

吃音症は3~5歳~学童期にかけておこり、

3~5歳では言語習得が盛んな時期であることと、

話すことのバランスが上手くとれていないことでおこり、

学童期では人前で本読みをする際に不安や緊張を覚えることが関係していると言われています。

 

また「うまく話せなかった」ことは「次も話せなかったらどうしよう」という

予期不安を引き起こしてしまいます。

 

ただ吃音症は80%が自然に軽快していくと言われています。

 

吃音症の原因として

1.子どもの神経質で強迫傾向な性格

2.親が干渉的、教師の叱責がきっかけ、吃音の真似をしていたら習慣付いてしまった

3.左利きを無理に矯正した(脳に混乱が生じるため)

4.その他(言語に関連した中枢性の器質障害など)

になります。

 

治療には周囲が吃音を指摘したり叱責することは不安、緊張、劣等感がましてより吃音を悪化させることにつながります。

 

言葉につまっても大丈夫だからゆっくり話すことの指導や、感情的葛藤の解消が必要です

 

また音楽にのせると言葉につまらないことがあります。

 

歌を歌うということも有効ですし、なにより「自分が言葉を発する」ことに自信がつけば途端に吃音症の症状がなくなった例もあります。

 

これは余談ですが、

 

スキャットマン・ジョンの「スキャットマン」という曲はご存じでしょうか?

彼は長年吃音症に悩まされていましたが、自信の吃音症を強みとして活かし、

他人からは容易に真似のできない独自のスキャットを作りあげ曲にしました。

 

 

 

だんまりしてしまう「選択性緘黙

 

f:id:maedaaaclinic:20210516103530j:plain

普段は話すことができるのに特定の状況で全く話すことが

出来なくなることを「選択性緘黙(かんもく)」と言います。

 

不慣れな場所や人にはだんまりしてしまう障害です。

 

このような症状は幼児期に出現することが多く、男の子・女の子で特に差はありません。

 

また元々話せないということでもありません。

 

典型的なケースは家庭内や親しい友人となら話せるが、学校や知らない人とは一切話せず、沈黙してしまうことで学校の成績や友人関係に著しく影響してしまうというものです。

 

家では話せるので、「まさか学校でそんなことになっているなんて!」

と驚かれる親御さんも多いと思います。

 

学校の先生から言われて初めて選択性緘黙に気がつくことが多いです。

 

maedaaaclinic.hatenablog.com

 

maedaaaclinic.hatenablog.com

maedaaaclinic.hatenablog.com

[rakuten:book:19665783:detail]

 

終わり

 

ではまた✋