まだなにも決まっていない blog

全くブログのコンセプトは決まっていませんが更新はしていこうかと……。

頑張るあなたへ、体と心のいい話

みなさん、こんにちは、私です。

 

日頃から頑張るあなたへ、体と心のちょっといい話をお届けします。

日常のちょっとした意識を変えるだけで、疲れにくくなります。

 

力を入れすぎていませんか?

f:id:maedaaaclinic:20210517142450j:plain


みなさんは力を入れすぎず、何事もリラックスして行えていますでしょうか?

 

「自分は力を入れすぎず何事もリラックスしてできている」という人でも、

過剰に力を入れてしまっていることが多く

自分が力を入れすぎているかなんて考えたこともない人も含めて

大半の人が必要以上に力を入れた状態で生活しています。

 

例えば「一日仕事をしたあと」

 

自分は定時になればへとへと、これからどこかに行く気力も、なにかをする体力もない

 

でも同僚のAさんは「今から遊びにいく」と言っているし、

Bさんは「今からスポーツジムで汗を流す」と言っているし、

 

同じような仕事量なのに、なんで私だけこんなに疲れてしまっているんだろう?

 

私って相当体力がないんだな…。っと思い当たる人は

 

100%必要以上に力を入れて仕事をしてしまっています。

 

自分に体力がないのではなく、AさんBさんに体力があるということではありません。

 

必要以上に力を入れてしまっているため体力は消耗され、夕方には体が疲弊してしまっているだけです。

 

お心あたりのある方は、一度疲れをリセットし、体がリラックスできる時間をつくりましょう。

 

また力が入りすぎてしまうクセがついてしまっているため、

「力を抜く」と自分に暗示をかけるだけでも力は抜けていきます。

 

 人の体の調節は脳が管理しています。

 

力を抜くと脳に指示を送ることが大切で、

そうしないと脳はずっと力を入れたままを維持しようとします。

 

人は自分の不調には無頓着

f:id:maedaaaclinic:20210517142502j:plain


誰かが「しんどいわ~」となれば「大丈夫?」とはいうと思いますが、

そんな自分も実はしんどかったり、どこかしら痛みがあったりなど、

人の不調には気遣えても、人は自分の不調に対しては無頓着であったりします。

 

なぜかついつい我慢してしまったり、これぐらいなら大丈夫と自己判断してしまい

そのまま放っておいてしまいがちです。

 

ですが、そんな人でも例えば自分の家が雨漏りしていたら放っておきますか?

 

雨が降るたびにバケツを置いておく、

天井に耐水のテープでも貼っていればいいだろうとはしないはずです。

 

雨漏りの原因を確かめ必ず修理するはずです。

 

自分の体でも同じことが言えます。

 

長引く不調や痛みにお心あたりがあれば

そのまま放っておかないようにしましょう。 自分にもご褒美をあげてください。

体と心は切り離せない

f:id:maedaaaclinic:20210517142515j:plain


体と心、それに加えて感情というのは、相互に関係し合っています。

 

これは当たり前といえば当たり前のことなのですが、

身近なもので病院などでは体なら整形外科、心なら精神科などの別々で見る(分業)

西洋医学が主流になっていますので、

普段から体と心の話は別のもので切り離してみてしまっている人も

多いのではないでしょうか?

 

ただ考えてみてください。

 

スポーツの試合で、勝ったチームと負けたチーム

同じような体の使い方でベンチまで戻っていくでしょうか?

 

空港で待っている人でこれから旅行に行く人、これから仕事に行く人、

同じような立ち姿で飛行機を待っているでしょうか?

 

また朝起きて「仕事行きたくないなぁ」と思えば、体も重く感じられるはずです。

 

このように心で感じたことというのは、もろに体に表現されます。

 

これは私の話ですが、先週免許の更新に行ってきました

私が更新を終えて帰るときと、今自動車免許試験を終えて帰る人たちと

時間が重なりまして、何気なくその人たちを見ていたのですが

 

もちろん私はその人たちのことも知りませんし、

ましてや試験の合否など知るよしもありませんが、

 

「あっあの子落ちたな」ってわかるぐらい、

 

試験に受かって帰る人、落ちて帰る人では歩き方が全然違います。

ここまで聞くと体と心が切り離せないことがよくお分かりいただけると思います。

 

ネガティブな考えは体も疲れさせます。

 

 人は気分が落ち込むと体が鉛のように重くなります。

それを人は「気が重い」と表現しました。

 

笑うことで起きる体への作用

f:id:maedaaaclinic:20210517142526j:plain


笑うというだけで人の体にはさまざまな作用がおきます。

そのすべてが体にとって良いものばかりです。

よく知られているのは「免疫力のUP」になります。

 

笑うだけでNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化されて結果的に感染症にかかりにくくしてくれることや、がん化しそうな細胞もやっつけてくれます。

 

逆に、悲しみやストレスなどは、NK細胞の働きは鈍くし、免疫力が下がることになってしまいます。

 

他にも笑うことにはこんな作用もあります。

(1)脳の働きが活性化

(2)血行促進

(3)自律神経のバランスが整う

(4)筋力アップ

(5)幸福感と鎮痛作用

 

またNK細胞を強くするためには、ただただ笑うだけ以外にも

 

■ 適度な運動を毎日、少なくとも週3回続ける

■ 自分の好きなことを見つけて熱中する

■ とくにおもしろいことがなくても、笑顔を心がける

ことも大切と言われています。

 

[rakuten:bookriver:10587471:detail]

[rakuten:rakutenkobo-ebooks:17805642:detail]

終わり

 

ではまた✋