まだなにも決まっていない blog

まえだ治療院(兵庫県加古川市の整体院)

大人だけじゃない子どもの片頭痛、自律神経失調症、強迫性障害

みなさん、こんにちは、私です。

 

大人ではよく聞かれる病気は、大人だけに限ったことではなく、

子どもにも見られます。

 

片頭痛

f:id:maedaaaclinic:20210516103415j:plain

強い痛みの発作を繰り返す片頭痛ですが、大人だけではなく子どもにも起こります。

 

子どもの片頭痛は多くは4時間以内に治まり、頭の両側のこめかみやおでこの周辺の

ズキズキと拍動するような痛み、ないし、はっきりとしないが痛みがあるなど

その痛みが原因で吐き気やおう吐を伴いやすいと言われています。

 

片頭痛を持つ子どもの割合は小学4~6年生で12%、中学生では19%と

決して珍しいものではなく、頭痛が原因で学校を休んだことがある子どもの割合では、

小学4~6年生/中学生共に11%と言われています。

 

頭痛持ちの人であればよく分かると思いますが、

一度頭痛が出れば生活に支障が出てしまうものです。

 

子どもも同じように多くは学校生活で支障が出てしまいます。

 

頭痛が出てしまった時は無理せず、痛み止めの薬の服用もありますし、

刺激になるTVや電気を消し、暗くして静かな場所で安静にするというやり方もあります。

 

ただやはり大切になるのは頭痛が出ないように予防することになりますので、

十分な睡眠と生活リズムが崩れないような生活に心がけることが第一です。

 

また頭痛を引き起こす誘因には寝不足または寝過ぎ

疲れ、ストレス、カフェインが多い飲み物

(コーヒー以外にもコーラや紅茶、緑茶などにもカフェインは含まれています。)

を避ける

 

もし可能であれば学校の席は直射日光の当たらない場所に変えることで頭痛を防ぐことにつながります。

 

子どもの自律神経失調症

 

f:id:maedaaaclinic:20210516103406j:plain

自律神経失調症とは病院で検査しても異常なし、

どこに行っても異常なしとなった時に便宜上つく診断名です。

 

ただ検査で異常がないと言われても本人が自覚する体の不調というのは確かにあり、

「じゃあこのしんどさは!?」となるのが自律神経失調症です。

 

自律神経失調症は思春期~大人になってから急になるなど、発症時期はバラバラで、

また症状も人によりバラバラです。

 

子どもの自律神経失調症の場合はもともとの体質、自律神経の調節機能が弱いということも言われています。

 

乳幼児期から症状が始まっていることがあり、「よく泣く」「よく吐く」「よく下痢をする」が乳児から見られ、「よく熱がでる」「環境が変わると眠れない」

「乗り物酔い」「自家中毒」などが幼児期で見られる場合は、注意が必要です。

 

f:id:maedaaaclinic:20210516103426j:plain

もう少し大きくなった思春期では、「立ちくらみ」「めまい」「動悸」「低血圧」

「便秘」「冷え性」「痩せ型」「疲れやすい」などの症状があれば自律神経の調節が

弱っています。

 

ただ多くは思春期特有のホルモンバランスの乱れであったりなど、

一次的なものであることもありますが、もし症状が長引くことや、

学校にもいけないなどの支障が出てきている場合は

一度病院受診されてもいいかと思います。

 

maedaaaclinic.hatenablog.com

 

子供の恐怖症性不安障害と強迫性障害

 

f:id:maedaaaclinic:20210516103442j:plain

子供の時に怖い話を聞いて怖くて夜眠れないことや、

「手が汚れたら綺麗に洗いましょう」と親に言われたのでかなり長い時間手を洗った

経験はないでしょうか?

 

私も子供の頃怖い話をTVで見た時は不安で寝たら寝たで怖い夢を見たり、

「汚れたから手は洗わないといけない」といわれたので

「食用洗剤の方がきれいになるのでは?」と洗剤をいっぱいだして泡泡の状態で

ゴシゴシ洗ってみたりなど、親からすれば「そこまでしろとは言ってない」と

思えることをしていたのを覚えています。

 

例えば私のように怖いTVを見たからのような一過性の恐怖症は子供であれば誰にでも起こることです。

 

暗いところが怖い、動物が怖い、TVで見た怪物が怖いなど大抵は一過性のものですが、

頻回に持続的な強い恐怖感の場合は注意が必要かもしれません。

 

何に恐怖を覚えるかでは子供でも強迫性障害に移行することがあるからです。

 

強迫性障害の症状が出始める前は行儀がよく、きれい好きで従順な「よい子」であることが多く、両親のどちらかに強迫性障害の前段階である強迫性人格をもつことが多いといわれています。

 

子供の強迫性障害でもっとも多いのは汚れることを過度に嫌う「不潔恐怖」に伴う

何度も手を洗う、何分も手を洗う「洗浄強迫」です。

 

ただ成人の強迫性障害と比較すると、日により症状は変わり、重複すること、多彩であることが特徴です。

 

これはあくまでも自分がそうしたいというよりは、親に対する攻撃であると言われています。

 

一番多い洗浄強迫ですと「手を洗え」としつこく親が言うから

子供が「手を洗う」ここまでが親が子供に求めていたことかもしれませんが、

 

子供はまだまだ「手を洗うことをやめない」

親からすれば「もうそんなに洗わなくてもいい」となっても

 

子供は「(親がいったから)だから手を洗っているではないか」となる。

 

これは反動形成と言われ親に対する八つ当たりともとらえられますし、

 

「どれだけ洗えばいいかわからない」という

物事の限界点がわからず、手を洗うことがやめられない時もあります。

 

このような場合は

なぜ手を洗わないといけないのかのわかりやすい説明と「外から帰った時は手を洗う」という場面設定が必要ですが、数字で示すことも有効です。

 

お風呂で「湯船に肩まで浸かって30まで数えたらあがる」みたいなこと小さい頃になかったでしょうか?

 

手洗いもそうですが数字で示した方が子供が混乱しないのであれば、

そうしてあげた方がいいです。

 

 

最後にですが、子供の時に大抵の子供がしたであろう

強迫性障害の軽いものがあります。

 

それは分からないことを親に聞く「なんで?なんで?」攻撃です。

maedaaaclinic.hatenablog.com

maedaaaclinic.hatenablog.com

maedaaaclinic.hatenablog.com

 

maedaaaclinic.hatenablog.com

終わり

 

ではまた✋