まだなにも決まっていない blog

まえだ治療院(兵庫県加古川市の整体院)

心理的攻撃と洗脳「ガスライティング」

 みなさん、こんにちは、私です。

 

ガスライティングは相手に対する心理的攻撃で

 些細な嫌がらせを行ったり、わざと誤った情報を流してみたり、

被害者が自身の記憶、知覚、正気を疑うように仕向けるもので、

洗脳の一種でもあります。

f:id:maedaaaclinic:20210510131714j:plain

この名称は、ある男が自分の妻に対して「自分は気が狂っていると思い込ませる」という筋書きの1944年の映画『ガス燈』に由来しています。

 

ガスライティングを用いる人は次のような手法を使います。

 

  1. わざとあからさまな嘘をつく

 

洗脳者は見え透いた嘘にもかかわらず、真顔で言い続ける。

あからさまの大嘘でも彼らの言っていることが「本当なのか?嘘なのか?」

自分でも分からなくなってしまいことこそが狙い。

 

  1. これまでの発言を否定する

 

洗脳者が「○○」と言った。確かに自分でもその発言は覚えている。

しかし洗脳者は「○○とは言っていない」と否定してきた。

一度であれば記憶違いと流せるかもしれませんが、それが何度も、何度も繰り返された時、自分を信じることができますか?

自分の知る現実に自信が持てなくなり、洗脳者のことを信じるようになってしまいます。

 

  1. あなたの身近なもの、大切なものを武器として利用する

 

洗脳者はあなたが何を大切しているかを熟知しています。

ですので、まずはそこから攻撃を開始します。

あなたに子供がいるなら、子供がいることでどれほど人生に損失が出ているだろうかとささやくかもしれません。

 あるいは、あなたがこうでありさえしなければ、もっと立派な人間になれると話すかもしれません。

彼らはあなたの存在の基盤に揺さぶりをかけてきます。

 

  1. 時間をかけて徐々に陥れる

 

これこそがガスライティングが狡猾である理由の1つです。

徐々に時間をかけてゆっくりとあれこれ嘘や偽の情報を吹き込まれ、それが少しずつ蓄積していきます。

非常に聡明で、しっかりと自分を持つ人でもガスライティングの魔の手にはまってしまう。

それほどまでにガスライティングは効果的だということです。

洗脳されているなんて思うこともなく逃げることも出来ません。

 

  1. 行動と言動が一致しない

 

ガスライティングを仕掛けてくる人や組織に対抗するには、発言よりも行動に注意しなければなりません。

彼らの口から出る言葉には全く意味はありません。

ただのおしゃべりでしかありません。むしろ問題はその行動にあります。

 

  1. ポジティブな強化で混乱させる

 

それまであなたのことを無価値な奴だとこき下ろしていた人が、

今度はあなたの行為を賞賛し始めたらどうでしょうか?

これもまた一層の不安感を覚えさせられます。

あなたは「Aさんは悪い人じゃないのかもしれない」と考え直すかもしれません。

これもまたあなたの調子を狂わせる計算された行為です。

全てはあなたから自信を奪うことが目的です。

もしそのようなことを言われた場合、褒められた内容を思い返してください。

洗脳者の思惑が透けて見えるかもしれません。

 

  1. 混乱させれば弱らせることができると知っている

 

洗脳者は、人が誰でも安定や正常の感覚を感じていたいことを熟知しています。

彼らの目的はそれをなくさせ、あらゆることに対して疑問を抱かせるよう仕向けることです。

人間の自然な傾向として、自分に安定感を感じさせてくれる人や組織には

注目がいくものです。

必然的にその立場に立とうとするのがガスライティングを使う洗脳者です。

 

  1. 投影する

彼ら自身に問題行動があるのに、あなたのせいにして非難する。

何度も繰り返し非難されるために、あなたは自分を弁護しようとする。

こうして加害者自身の行為から注意が逸れてしまう。

 

  1. 人々があなたに反感を持つよう仕向ける

 

ガスライティングを行う者は人を操るのが得意です。

知人を味方につけては、あなたに反感を抱くよう仕向けその上で「みんな君が間違っているって言ってるよ」「みんな君が役立たずだって知っているよ」とあなたに吹き込みます。

忘れてならないのは、そうしたことを本当に周囲の人間が話しているわけではないということです。洗脳者は四六時中嘘をつくことができます。

こうした行為の狙いは、信頼できる人や頼れる人がいないとあなたに思い込ませ孤立状態をつくり、彼らにすがるよう仕向けます。

孤立するほど楽に操れるようになりますので、まさに思うツボです。

 

  1. 周囲の人々にあなたが狂っていると吹き込む

 

これはガスライティングにとって最も有効な武器の1つです。

人々があなたの正気を疑うようになってしまうと、あなたがガスライティングを行っている人のことを「危険だ」だの「はめられてる」だのと訴えても、真面目に取り合ってもらえなくなってしまう。

彼らはそうなってしまうことをよく知っています。

 

  1. 周りの人間は誰もが嘘つきだと言ってくる

 

家族やメディアも含め、周りの人間は誰もが嘘つきだとあなたに吹き込むことも、

やはりあなたの現実をぐらつかせる手段です。

わざわざそんな嘘を吐くほど厚かましい者などいるはずもない、だからこの人は正しいはずだ、と信じてしまいそうになる。

だがそれこそが人心操作のテクニックで、あなたは”正しい”情報を求めてガスライティング行為者を頼るようになります。

しかしその人物が話すことは全てデタラメばかりです。

 

上記のガスライティングは想像以上に効果を発揮し、誰でもその被害者になる可能性があります。

 

虐待者、独裁者、カルト教団の教祖、サイコパスに、ソシオパス、ナルシストが良く使う手法でもあり、ゆっくりと効果が発揮されていくため、被害者自分が洗脳されていることにも気がつかないことがガスライティングの最も恐ろしいところです。

 

みなさんもお気をつけください。本当に信じられる人を1人つくっておくだけでも

対処できますが、その人がガスライティング行為者でないことを祈ります。

 

子供にガスライティングを仕掛ける親

 

f:id:maedaaaclinic:20210510131556j:plain

親が子どもにわざと間違った情報を伝え続けることで、相手の現実感覚を狂わせ、記憶や正気などを疑うように仕向ける精神的虐待にことになります。

 

自分を優位に立たせ、人を陥れる時に用いられるこの手法は、親子関係で見られることもあります。

 

親、あるいは子、あるいは両方が、相手を騙して正常な認知を損なわせようとするのです。

 

ガスライティング・ペアレント」と呼ばれる

親が子にガスライティングを仕掛けるケースをご紹介していきます。

 

「子供を馬鹿にする」

 

ガスライティングで最初に行われることは、決まって自尊心の破壊です。

相手を操作するには、その人の自信というのは邪魔でしかありません。

それは親によるガスライティングでも同じです。

心理学の「愛着理論」では、幼児は自分の面倒を見てくれる親などに対して愛着を抱くようになります。

子供が世界を安心して冒険できるのは、この心の拠り所があるからです。

また心が安定した自立心のある子供は、やがて親が言うことに対して疑問を抱くようになります。

 だから子供へのガスライティングは、そうなる前の早い段階から始められる。

そうした親にとっては、子供の自信など不必要なもので、子供に「自分は無能なんだ」と思うように仕向けます。

 

「親に対しての過剰な反応をとがめる」

 

子供が親に対して大袈裟な反応や過敏な反応をすればとがめるのも、ガスライティングの手口です。

「親は間違っているのでは?」と、子供が親に対して疑問を抱いているようなことを口にすれば「そんなことはない、間違っているのはお前の方だ!」といった具合に

そのようなことが続くと、子供は次第に疑問を抱く自分を疑うようになります。

ガスライティング・ペアレントが子供に許していることは自分たちの都合の良いことだけ子供が自分なりに感じること、考える権利などは認めません。

 

「大袈裟に誇張する」

 

子供の気分や感情は無視する一方、ガスライティング・ペアレントは、

きわめて些細なことであっても、やたらと誇張し、さも大問題であるかのように大袈裟に語る。

頼まれた品の買い忘れや夜に電気を消し忘れたといったことでも、取り返しのつかない大失敗をしでかしたかのような態度を示し、それを子供のせいにする。

親からこのような反応ばかりされた子供はやがて行動が変わってくる。

親のヒステリーはどうにかして避けたいが、しかしどんな些細なことであっても過剰に反応されてしまう。

子供は混乱し、自分の殻に籠るようになる。

すると親に嘘をつき、本音を話さなくなる。

どうにかして親の機嫌を取ろうと無理するようなこともある。

 

「日常的に過去のことについて嘘をつく」

 

昔のことについて嘘をつくのは、子供に現実を疑わせるための手口の1つ。

信頼している親に否定されては、自分の記憶が疑わしく思えてくるのも当然です。

どんな出来事でも「そんなことはない」と否定されてしまうと、子供は自分の正気を疑い始めることになります。

 例えば親に頼みごとをした時、親はわざと間違えて「お前がそう頼んだんだろう?」と

子供に言い張り続けたらどうなるでしょうか?

「子供の目標を決め、子供に自分の人生を投影する」

子供の幸せよりも業績ばかりを気にする親は、ガスライティングをしている恐れがあります。

こうした傾向は、自己愛が強い親にも見られる兆候です。

彼らにとって子供はもう一人の自分のようなもので、だから子供自身の幸せなど気にしない。

「子供にとって一番いいことは自分が一番よく知っている」と主張して、親が望むことを目指すように押し付ける。

 子供自身の気持ちや目標を無視することはもちろんですが、ガスライティング・ペアレントにとって重要なのは、いかに子供を支配できるかどうかということです。

 

「友達に干渉する」

 

子供の交友関係を把握するのは悪いことではありません、ただそうした輪の中に首を突っ込んで操ろうするのであればそれはガスライティングの兆候です。

典型的なのは、子供の友達に我が子についての悪口を言ったり、彼らの前で我が子を馬鹿にしたりといったことだ。

また友達と仲良くなって、我が子に孤立感を感じさせることもある。

自分の子供には何も知らせないまま、その友達を家に招待したり、反対に家に遊びにくるのを禁じたりすることもあります。

 

「自分の間違いを絶対に認めない」

 

ガスライティング・ペアレントが謝ることは絶対にない。自らの過ちを認めることもない。

そんなことをしてしまっては、これまで子供を支配しようとしてきた試みが台無しになってしまうからです。

いくら過ちを認めるよう迫っても無駄です。

結局いつも自分が悪いことにされてしまう子供は疲れ果ててしまう。

万が一、自分の間違いが暴かれそうになると、激怒して、問題をすり変えようとするだろうし、「懸命に子育てをしてきた親に対してなんて恩知らずな」などとなじり、そのうち自分を哀れみ始める。

そして、いつも最後に謝るのは子供の方だ。

 

自分の親はガスライティング・ペアレントか?

f:id:maedaaaclinic:20210510131904j:plain

生まれてからずっと心を支配されてきたガスライティング・ペアレントの子供が、

自分の親の真実を知るのは難しい場合もある。

 

手助けになるのは周りの人の意見です。

 

そして最後は「自分の親はなにかおかしい」と感じたのであれば、

自分の直感を信じることです。

 

補足でいうと

「育ててやった」ということをやたらと強調する親

「誰のおかげでここまで大きくなれたんだ」や

「誰の金で大学にいけたと思っているんだ」という親は

ガスライティング・ペアレントの可能性があります。

 

子供を育てることは子の親であれば当たり前です。

その当たり前すらもさも特別な行為のように恩着せがましく言う親は、

まっとうな親とは言いがたいです。

 

さらに補足

親の矛盾した言動を「ダブルバインド」といい

ダブルバインドは日本語で二重拘束の意味になります。

 

例えば

親に余裕があるときは「わからないことはなんでも話してね」

忙しい時などは「そんなことをいちいち聞いてくるんじゃない!」

 

と、同じ親から子供に言うと、言われた子供は不安と混乱をきたします。

 

親の言う通りにしても、しなくても言われたことに背いていることになりますので、

「何でも話して」「話さないで」の相反するメッセージに戸惑い、

行動に移せなくなるのです。

 

さらに、なにか子供にあった時に親が「なんでもっと早くに言わなかったの!」

と怒ろうものなら、

 

「話したいけど話せない」「話さないと怒られる」

 

ダブルバインドがさらに子供の中で強化されていきます。

 

f:id:maedaaaclinic:20210510095801j:plain

親子の間には一貫した言動がなにより大切です。

maedaaaclinic.hatenablog.com

 

終わり

 

ではまた✋