まだなにも決まっていない blog

全くブログのコンセプトは決まっていませんが更新はしていこうかと……。

アダルトチルドレンとモラトリアム人間

みなさん、こんにちは、私です。

 

アダルトチルドレン。なんとなく聞いたことないですか?

 

アダルトチルドレンはその字面から、よく勘違いされて認識されており

「大人になれない大人」や「子供みたいな大人」と間違った解釈で広まっていたりします。

 

アダルトチルドレンの定義は

アルコール依存症の親に育てられた子供が成人して大人になった」です。

f:id:maedaaaclinic:20210504111958j:plain

他にも子供の頃にトラウマを抱えて成人したなどの定義もありますが、

もともとはアルコール依存症の親の子供がはじまりです。

maedaaaclinic.hatenablog.com

 

はじめにお伝えした「大人になれない大人」や「子供みたいな大人」は

アダルトチルドレンとは呼ばず、正しくはアイデンティティ(自己同一性)の確立を

先延ばしにしてしまっている。モラトリアム人間と呼びます。

 

モラトリアムとモラトリアム人間は後述します。

 

アダルトチルドレン

 

アルコール依存症の親は感情の起伏が激しいため、その子供は嫌われないように

いつも親の顔色を、うかがい他人の評価に過敏になっています。

 

自分が愛されている実感が乏しく、自分を卑下したり感情表現が少ない人になりやすいです。

 

安定した親からの愛情表現を得られない環境のため、

 

思春期以降の人格形成に影響があった子供が成人していくと言うものですが、

どのような成長をたどるのか?

 

アダルトチルドレンは「おとなしくて良い子」に見えるけど、

自分の頭の中では色んなことを思っていたりなども言われますが、

 

大きく5つのパターンがアダルトチルドレンにはあります。

 

①家族英雄

意外に思うかもしれませんが、親との反面教師で成績優秀で責任感が強く周囲から信頼される存在になる。一人っ子や長男・長女で多いそうです。クリントン元大統領も自身でアダルトチルドレンであったと公言しているので、アダルトチルドレンとか関係なく大統領まで上り詰めることも可能なんですね。

f:id:maedaaaclinic:20210504111131j:plain


 ②問題児

字の通り問題児です。非行などさまざまな問題行動を起こす子になる。しかしここで悲しいのが、非行に走る理由が親のだらしなさを少しでも周囲から紛らわすためにあえて自分が悪者になり周囲の目を自分に向けさすためだけに問題児を演じていると言うことです。

f:id:maedaaaclinic:20210504111121j:plain


 ③ひょうきん者

家庭内の不和を少しでも解消しないといけないと、あえてひょうきんに振る舞うことです。学校などでは落ち着きなく集中力がないと言われてしまいます。

 

f:id:maedaaaclinic:20210504111109j:plain

 

④世話焼き

酔った父親の介抱や母親の愚痴聞き役など、学校や友達間でも良き相談相手として振る舞う

 

f:id:maedaaaclinic:20210504111141j:plain

 

⑤いないふり

おとなしくいないかのように振る舞い、家族の不和の中でも何事もなかったように振る舞う。周囲からは「放っておいても大丈夫」と判断されやすい

f:id:maedaaaclinic:20210504111100j:plain

 

 

人生の猶予期間「モラトリアム」と「モラトリアム人間

 

モラトリアムという言葉は多くは若年層で使われる言葉です。

 

わかりやすくは高校生が「高校卒業は働くのか?進学するのか?」など

 

自分の身のふりには、まだ猶予がある。まだ考える時間や決断を出すまでに

 

十分な時間がある状態のことです。

 

 このようなことは誰もが経験することになりますし、

 

自分のなりたいものになれたのかは別として、いずれは人生において

 

何かしらの決断をすることになりますし、

 

それが自分らしさ(アイデンティティ)になっていきます。

 

f:id:maedaaaclinic:20210504111109j:plain

 

一方モラトリアム人間とは、

 「自分がなにになりたいのか?なにがしたいのか、わからない」と

 自分の身のふりを決めないといけない時期を超えて、定まっていない人のことを指します。

f:id:maedaaaclinic:20210504111929j:plain

 例えば大学院まで行ったが、卒業後は無職で

 先のことはなにも決まっていないなど、一般的に言われるモラトリアム(猶予期間)を

 使い果たしたあとになにも残らなかった状態です。

 

近年モラトリアム人間と呼ばれる状態の人たちは増えてきています。

 

ただ「モラトリアム人間」は今から約50年以上も前に提唱されたものです。

 

この当時は大学進学も今ほど多くなかったでしょうし、

学校を出た後は「就職することが当たり前」という風潮、

考え方や価値観が影響しています。

 

社会というのは日々目まぐるしく進化・進歩していきます。

 もちろん生活様式も変わっていくように価値観も変わっていきます。

 

昔に提唱されたものが今の時代にも当てはまるのか?と言われると

 疑問が残るものです。

 

海外などでは

 30歳までは自分の好きなことをして過ごしてもいいとも言われていたりしますし、

 この場合であれば30歳までに自分の身のふりを決断できればいいので、

 モラトリアムが30歳まであり、もちろんその間はモラトリアム人間の状態では

 ないことになります。

 

現代社会では、特に日本でいうモラトリアム人間の状態は

グローバルな価値観で見ればなにも珍しいことではないのかもしれません。

 

maedaaaclinic.hatenablog.com

終わり

 

ではまた✋