まだなにも決まっていない blog

まえだ治療院(兵庫県加古川市の整体院)

医学

高次脳機能障害「失行と失認」

みなさん、こんにちは、私です。 今回は高次脳機能障害の 「失行」と「失認」をご紹介出来ればと思います。 失行 失行は、体に麻痺などの障害や、 今からしようとしていることの理解ができないわけではないのに、 自分の意思通りに、行為や行動が行えない状…

高次脳機能障害「失語症」

みなさん、こんにちは、私です。 高次脳機能障害の「失語症」をご紹介出来ればと思います。 人は新生児から、 話し言葉の理解、模倣する発語(意味がわからなくても復唱)から 自発的な言葉、読む、書くの順で発達していきます。 言語聞きとりの中枢は出生時…

意外と多い「反復性ストレイン損傷」

みなさん、こんにちは、私です。 今回は繰り返される動きで起こる 「反復性ストレイン損傷:RSIs」についてです。 反復性ストレイン損傷は あまり馴染みのない言葉ではありますが、 身近なものでは 五十肩や腱鞘炎、テニス肘やばね指などが 反復性ストレイ…

ストレスが体に表れる「心身症」

みなさん、こんにちは、私です。 今回はストレスが体に表れる「心身症」についてです。 心身症はみなさん聞いたことはありますでしょうか? 意外と身近な病気で ストレスなどの精神的なものが体に不調を与える病気です。 人の心の動きというのは、体にもろに…

「最近体力落ちたなぁ」と思う方へ

みなさん、こんにちは、私です。 私も30歳を超えまして、最近 「体力落ちたな~」とは思います。 昔出来てたことを今行うとケガしそうで ちょっと恐怖心もあるぐらいです。 体力が落ちるというのは、 もちろん自分で実感する主観的なものでもありますし、 人…

ふくらはぎのだるさ・むくみにつながる座り方のクセ

みなさん、こんにちは、私です。 ふくらはぎのだるさ・むくみでお悩みの方は いらっしゃいますでしょうか? 足がむくんでしまったりするのには色々と理由があるのですが、 座り方が原因の時があります。 普段デスクワークなど、 座っている時間が長くなると …

転倒しないためにのどを鍛える

みなさん、こんにちは、私です。 今回ご紹介をさせていただく内容は、 山王病院東京ボイスセンター長、渡邊雄介さんの 「こけない、老けない、よろめかない、声筋のすごい力」を 参考にさせていただいております。 声の専門医だから知っている 声筋のすごい…

思考体験の異常「させられ・さとられ」

みなさん、こんにちは、私です。 思考とはドイツの哲学者で精神科医でもあるヤスパースという人が 「対象意識として関係、事態、正否、現実性などがある。こういうものがはっきりとあらわれているような精神的現象を思考や判断という」と述べていますが、 い…

聴覚情報処理障害と音にまつわる話

みなさん、こんにちは、私です。 みなさんは聴覚情報処理障害をご存じでしょうか? 今回は聴覚情報処理障害やミソフォニア、 不思議な耳鳴りなどをご紹介できればと思います。 APD:聴覚情報処理障害 聴覚情報処理障害(以下:APD)とは、 聴力は正常(=聴…

ワーカホリック(仕事依存症)とバーンアウト(燃え尽き症候群)

みなさん、こんにちは、私です。 仕事依存症とも言われるワーカホリックと 燃え尽きてしまうバーンアウトをご紹介していきたいと思います。 ワーカホリック みなさんは仕事は好きですか? 仕事(生産的な作業)には、 目標を達成、成果を得る、収入を得ると…

涙が我慢できない「感情失禁」

みなさん、こんにちは、私です。 失禁と聞くと一般的なイメージでは、お下の話、 尿や便など、おもらししてしまうことが浮かぶかもしれませんが、 失禁とは「自分が意図せずに」の意味があります。 自分が意図せずに漏れたものが、 尿であれば尿失禁 便であ…

注意散漫と注意障害

みなさん、こんにちは、私です。 人の脳は他の動物の脳に比べて、本当によく出来ています。 かなりハイスペックといいますか、ただそのシステムはもろくもあります。 正常に動いていれば良いのですが、エラーも起こしやすいです。 注意の障害には脳卒中後遺…

やっぱり自分の青春時代に聴いていた曲が一番だなぁ~

みなさん、こんにちは、私です。 今週のお題が「わたしのプレイリスト」だったので、 音楽にまつわる人間心理のお話をご紹介出来ればと思います。 人はなぜ、 青春時代に聴いていた音楽に魅了され続けるのか? 10代の頃、みなさんはどんな曲を聴いていました…

幻の感覚、幻覚とは?

みなさん、こんにちは、私です。 「あれは一体、俺は‥。幻覚でも見ていたのか?」 みたいなセリフ一度は聴いたことないでしょうか? 幻覚とは実際には存在しない幻の感覚のことをいいます。 そのまんまですね。 幻覚を伴う疾患として、代表的なものに統合失…

AIもうつ病になるのか?

みなさん、こんにちは、私です。 近年AI(人工知能)の進歩は目まぐるしく、さまざまな分野で活用されていますし、 ヨーロッパでは最近AIが考案した食器が特許出願されました。 ただAI考案の食器は人間が考案していないという理由で 特許の取得には至っては…

スピリチュアル・クライシス

みなさん、こんにちは、私です。 スピリチュアルという言葉は日本でもかなり浸透した言葉だと思います。 ただスピリチュアルと聞くと、どこか不思議な体験や、オーラや占いなどではないかと 思われている方も多いと思います。 実際に日本での使われ方がそう…

やりたいことが出来ていない「作業的不公正」

みなさん、こんにちは、私です。 すべての人には作業する権利(occupational rights)が認められ、 この権利が侵害されている状態を作業的不公正(occupational injustice)といいます。 ※この場合の作業とは「人が行うことすべて」を指しています。 作業を…

日本人は座りすぎている

みなさん、こんにちは、私です。 長時間のデスクワークや自宅でTVやネットなど、 現代人は1日の大半を座ってすごしています。 ただその中でも世界一「座り時間」が長いのは日本人だといわれています。 最近の研究では座りすぎにより、筋肉の代謝や血行の不…

感覚遮断実験・時間感覚の遮断実験

みなさん、こんにちは、私です。 過去に人間の五感を遮断すればどうなるのか? 人間は時間の感覚を遮断するとどうなるのか? 実際に人体実験が行われています。 感覚遮断実験 感覚遮断実験は1951年にカナダの心理学者ドナルド・ヘッブ氏に よって行われた実…

未だ原因不明、統合失調症の発症までの仮説

みなさん、こんにちは、私です。 精神疾患の中でもうつ病はかなり有名だと思いますが、 同じくらい身近な精神疾患である統合失調症をご存じでしょうか? メディアで取り上げられることが少ないため、馴染みがない言葉だと思いますが、 先ほど身近と表現した…

ビタミン不足「ビタミン欠乏症」

みなさん、こんにちは、私です。 ビタミンは酵素やホルモンと同様に微量で代謝の調節に関与する有機化合物です。 ビタミンの大部分は体内では合成されないため食品からの摂取やサプリメントになります。 ビタミンは大きく水溶性と脂溶性に分かれ、 水溶性ビ…

酔って記憶がなくても家に帰れる理由

みなさん、こんにちは、私です。 飲み会で飲みすぎて、気がついた時には朝 「記憶がない、どうやって帰ってきたんだ?」 となった経験はありますでしょうか? お酒を飲み過ぎてあるところからスコッと記憶がなくなることを ブラックアウトといいます。 これ…

過度の心配はいらない子どものO脚・X脚・扁平足・反り腰

みなさん、こんにちは、私です。 お子さんのお体のことで 「うちの子扁平足で」や「X脚なんです。」など 悩まれている親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか? 自分の子どものことなので「あれなんか変?」となれば、 誰だって心配になると思います。 …

「死にたい」とよく言う人

みなさん、こんにちは、私です。 日本では毎年の自殺者の数が問題になっており、コロナ禍である今、 たびたびコロナでの死者数か、経済活動を止めたことによる自殺者数か と議論に出ることがあります。 14年連続で自殺者が30000人以上という状態も過…

人生の折れ線グラフ「ナラティブスロープ」

みなさん、こんにちは、私です。 「ナラティブスロープ」 聞き馴染みのない言葉だと思いますが、 みなさんも一度はTVで見たことがあると思います。 芸能人や芸人さんの略歴を見ていくような番組で 「この時はよかったんだよ」 「人生のピークでした」 「この…

子どものクセ・チック・吃音・緘黙

みなさん、こんにちは、私です。 子どもの気になるクセ 動き・言葉のチック 話しがつまってしまう吃音症 だんまりしてしまう選択性緘黙 をご紹介出来たらと思います。 「子どもの気になるクセ」 子どもの時にはひとつくらい誰でもクセがあるものです。 大人…

人の思い込みの力はすごい!プラセボ効果

みなさん、こんにちは、私です。 プラセボ効果はプラシーボとも言われますが、 人の思い込みの力というのは、時にとてつもない力になります。 スポーツ選手が「絶対に俺ならできる」とマインドをコントロールして挑み成果を出すように、まずは「自分はできる…

家族の海賊版「機能不全家族」

みなさん、こんにちは、私です。 機能不全家族はアダルトチルドレンとも関連があるものです。 maedaaaclinic.hatenablog.com アルコール依存症の親から育てられた子供が成人して大人になったことを アダルトチルドレンと呼びますが、 アダルトチルドレンの定…

人の数だけある「恐怖症」

みなさん、こんにちは、私です。 誰にだってひとつやふたつ苦手に思うことや恐怖に感じることがあると思います。 「恐れ」と言う感情はだれにでもある身近な感情です。 高いところが怖い、せまいところが怖い、雷が怖い、ヘビが怖い 人と会うのが怖いとなれ…

気分障害「うつ病・躁病・双極性障害」について

みなさん、こんにちは、私です。 今回は「気分障害」についてお話し出来ればと思います。 うつ病や躁病といえば、みなさんも一度は聞いたことがあると思います。 うつ病や躁病のように気分の浮き沈みがあるものを「気分障害」と呼びます。 気分障害になる原…